第8回_大江戸バッドガイズ千里行

2015年 大塚萬劇場
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
脚本/阿部 ぽてと

~~~第8回~~~

【第五場】

   遊郭側の裏道。

   暴れる徳丸を山吉が連れて来る。

山吉   大人しくして下せい。

徳丸   離せ!

   と、山吉を振りほどく。

徳丸   あの男、許せぬ! 盗んだ金を女につぎ込むなど。

山吉   何に使おうが吉兆の旦那の勝手じゃありやせんか。

徳丸   勝手なものか! あの金を奪われ、困っている人がおるのだぞ。

山吉   そりゃ、そうですが。

徳丸   ……お前、私の後をつけていたのか?

山吉   え?

徳丸   何故付けていた? 山吉!

山吉   ……いや。

佐川(声のみ)監視していたのだ。

徳丸   !?

   佐川、出て来る。

佐川   お前をまだ野放しに出来ぬからな。

徳丸   何!?

佐川   当たり前だろ。コソコソと吉兆を探って奴の弱みでも握ろうとしたか? それを餌に我等から抜け出す為に。

徳丸   ……。

佐川   お前はもう抜け出せぬ。先日の葛城屋の盗み、同心が一人増えて盗みも随分楽になった。お前の御蔭だ。

徳丸   ……。

佐川   これからもお前は悪事を働く、一度やれば、二度も三度も変わらぬだろ。

徳丸   これ以上、この手を悪事で汚したくない。拙者は同心なのだ、これ以上拙者の正義を……

佐川   ならば家族など気にせずお前の思う様に動いてみては?

徳丸   ……。

佐川   それも出来ず回りの同心に当たり散らすなど随分とガキのすることだろ。

徳丸   それは、あの人達が同心として正義を全うしていないから。

佐川   悪事を働いたお前は正義を全うしてるのか?

徳丸   ……。

佐川   軽々しく正義と正義と、そんな軽い言葉ではないぞ。

徳丸   ……正義を持たずして、同心は務まりません。正義が無ければ……

佐川   ……。

徳丸   他の者を同心とは認めません。欲に溺れた人達を……そんな人達が同心であること事態が間違っているのだ。

佐川   間違っているからどうしたい? 威勢だけでは、何も変わらぬぞ。

徳丸   ……。

佐川   何も出来ぬなら大人しくしておけ、余計なことをされると迷惑だ。

徳丸   ……黙って私に従えと?

佐川   それしか出来ぬだろ?

徳丸   ……。

佐川   己を貫きたいなら力を持て。恨むなら、己の無力さを恨め。

   徳丸、悔しそうにハケる。

山吉   どうしたんですか? 徳丸の旦那のこと随分と気に掛けているようで。

佐川   余計な事をせぬか心配なだけだ。

山吉   それにしちゃあ随分、口数が多い。佐川の旦那にしちゃ珍しいですぜ。

佐川   お前も随分余計な口を叩くようになったな。

山吉   へ?

佐川   昔ゴロツキを束ねていた大親分とは思えぬ。

山吉   あちゃ!? こいつは旦那に一本取られましたな。アッシは一度捕まってすっかり牙抜かれちまっているんで。

佐川   ……。

山吉   徳丸の旦那がアッシみたいに言うこと聞くには、まだまだかかりそうですぜ。変な気起こさねぇ様に、アッシがちゃんと見張っときますから。

   と、頭を下げハケて行く。

佐川   ……素直すぎるのもどうかと思うがな。

   佐川もハケる。

第9回へつづく

次回公演

真田黙示録

2020年 8月19日(水)~23日(日)
シアターχ(東京・両国)
作 /江戸川崇(カラスカ)
演出/重住燎
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
詳細はこちら>>>

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です