第36回_大江戸バッドガイズ千里行

2015年 大塚萬劇場
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
脚本/阿部 ぽてと

~~~第36回~~~

佐川   ここに書いてある乗松屋の仕入先、元は店主殺しで潰れた店と契約していた店だ。格安で卸すことになっても、卸先がなくなり困っていた店、乗松屋はありがたい存在だったろうな。

真澄   当然です、父上は困っていた店から、商品を引き取り売っていたのですから。

佐川   表向きはな。裏では回りの店の店主を殺し、店を閉めなければならぬ状況に追い込んでいた。

真澄   !?

佐川   安い仕入先を確保するだけでなく、沢山ある店が減っていけば、客は残された店に集中していく。乗松屋が短期間で繁盛店になったのは、至って単純な理由だ。

真澄   言いがかりですよ。繁盛店になったのは偶然で……

佐川   忍びがいたのも偶然か?

真澄   ……。

村雨   忍び? 馬鹿な!?

徳丸   村雨殿は、知らなかったんですよね。

村雨   当たり前だろ! 儂はただの雇われた用心棒、内情のことなど。

真澄   嘘つくんじゃねぇよ!

一同   !?

真澄   アンタも知ってんだろ? 知りながら用心棒やってたんだろ。

村雨   真澄殿?

真澄   バレちまったならもういいや。全部話すからさ、罪軽くしてよ。って言っても、アタシ娘ってだけで無理やり父親にやらされてたんだからな。それって罪になるのかよ?

長尾   お前は乗松の娘ではないだろ、フリをしていただけだ。

真澄   !?

長尾   悪いが、調べは付いておる。奉行所に籠っての調べ事は得意なのでな。

真澄   チッ、クソが。

長尾   そしてお前の調べもついておるぞ、村雨菊一。

村雨   何!?

長尾   いや、人切り源三と呼んだ方がいいか?

徳丸   人切り?

長尾   この男、京都で人を斬りまくっていた大罪人だ。江戸に逃げて来て、最初に斬ったのが悪党だった、それがキッカケで江戸の用心棒などと呼ばれ、浮かれて罪人が心変わりでもしたか?

村雨   ……おのれ。

吉兆(声)馬鹿な男よのう!

一同   !?

   吉兆・松本、出て来る。

吉兆   何が変わろうとお前の罪は消えぬぞ。

徳丸   吉兆!?

佐川   お前、今更何しに来た?

吉兆   今更とは何だ! お前達が乗松屋に踏み込みやすいように、この男を足止めしていたのだ。なぁ松本。

松本   お、おう……

吉兆   よって手柄はここに居る五人、いや後から来た長尾を除いた四人の物となる。

一同   ……。

吉兆   村雨……観念いたせい! 松本。

松本   ……。

   吉兆と松本、村雨を捕えようとする。

吉兆   羽白は返してもらうぞ。

村雨   !?

   村雨が吉兆の手を斬る。

吉兆   グワッ!

松本   吉兆!?

   村雨が暴れ回る。

   真澄も付けていた髪飾り、もしくは長尾の小刀奪い逃げようとする。

   真澄は抑えられ、村雨だけが逃げ延びる。

徳丸   おのれ!

   松本も追いかけようとする。

佐川   松本、吉兆を医者に連れて行け。

松本   追わなくていいのか? あ奴一人では。

佐川   逃げられても網は張ってある、あいつが返り討ちに合わないかの方が心配だ。

松本   ?

吉兆   松本、医者に……

松本   大した傷ではなさそうだが?

吉兆   黙れ! 佐川、分かっておるな、あの男逃がしたが、その前に足止めしたのは儂だ。儂にも手柄はよこせよ。

佐川   分かっておる。

吉兆   松本、連れてけ。

松本   ……。

   吉兆、松本ハケる。

長尾   すまぬ、油断した。

佐川   その娘を奉行所に連れて行け。今度は逃げられぬようにな。

長尾   ああ。

真澄   クソがっ。

長尾   お主、しくじるなよ。

佐川   ああ。

   長尾・真澄ハケる。

佐川   ……。

   佐川、ハケる。

第37回へつづく

次回公演

真田黙示録

2020年 8月19日(水)~23日(日)
シアターχ(東京・両国)
作 /江戸川崇(カラスカ)
演出/重住燎
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
詳細はこちら>>>

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です