第14回_大江戸バッドガイズ千里行

2015年 大塚萬劇場
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
脚本/阿部 ぽてと

~~~~第14回~~~

小早川  流石江戸一番の繁盛店、よく分かっておる。

   貰っている最中に徳丸・佐川出て来る。

平林   !? 小早川様。

小早川  (徳丸・佐川に気づき)!? 

徳丸   ……。

小早川  お主等何をしておる?

佐川   見回りを兼、店主殺しの手がかりを。

小早川  そうか……で、何か見つかったか?

佐川   いえ、何も。

   お茶を持った辰五郎が出て来る。

辰五郎  あれ? 

乗松   後二つすぐに、お持ちして。

徳丸   結構だ、長居はせぬ。

乗松   左様で御座いますか。

辰五郎  どうぞ。

   と、小早川・平林にお茶を渡す。

   辰五郎の片手どちらかに包帯が巻かれている。

佐川   お主、その手は?

辰五郎  え?

乗松   ……この者、荷卸しの時に怪我をしてしまいまして。

辰五郎  はい、ちょっと切ってしまって。

佐川   呉服屋が荷卸しで腕を切ったのか?

乗松   ウチは色々扱っておりますので。

佐川   ……。

平林   何をそんなに気になっておいでで?

佐川   ……いや、別に。

乗松   ……。

小早川  美味い、実に良いお茶だ。

乗松   お分かりになりますか? 静岡から取り寄せた、特注品で御座います。商人たるもの、お客様に出す物は良い物と心がけておりますので。

小早川  良い心がけだ。

   お千代、前の台詞の最中に店から不審な様子で出て来る。

   同心達に気づき、そそくさとハケて行く。

徳丸   ? 今の女……

真澄(声)ちょっと父上、何やっているのですか? 手伝って下さいよ。私一人ではお客様の対応、負えませんよ。

   と、真澄出て来る。

真澄   !? ……同心様?

乗松   これ、恥ずかしい所を見せるな。

真澄   ……失礼致しました。

乗松   すみませぬ、おてんば娘なもので。

平林   別に構いませぬ。

小早川  !?

徳丸   娘、今出て行った客は?

真澄   はい?

徳丸   何か買って行ったのか?

真澄   え? いえ、特には。

徳丸   ……失礼致す。

   と、お千代を追う。

佐川   ……。

小早川  何だ、あ奴は?

平林   美しい看板娘に、無駄に話しかけた結果照れたのでしょう。

佐川   儂もこれにて失礼する。

   と、徳丸を追って行く。

乗松   仕事に戻りなさい。

真澄・辰五郎  はい。

   と、店に入る。

平林   あの方のお名前は?

小早川  黙れ。すまぬな乗松屋。

乗松   いえ。

小早川  儂等も行くとする。

平林   もう行かれるのですか?

小早川  お前のせいだ、居づらくなっただろう。

   と、去って行く。

平林   拙者のせい?

   と、去って行く。

乗松   ……。

   暗転。

第15回へつづく

次回公演

真田黙示録

2020年 8月19日(水)~23日(日)
シアターχ(東京・両国)
作 /江戸川崇(カラスカ)
演出/重住燎
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
詳細はこちら>>>

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です