第40回_大江戸バッドガイズ千里行

2015年 大塚萬劇場
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
脚本/阿部 ぽてと

~~~第40回~~~

【第二十九場】

   道。

   佐川・あやめ歩いて来る。

佐川   長い間ご苦労だったな。

あやめ  ……いえ。

佐川   御蔭で山吉を始末出来た、これで少しは江戸も良くなるはずだ。

あやめ  ……。

   お千代出て来る。

お千代  ……あの、もし?

佐川   ? ……あの時の。

お千代  貴方様を、ずっとお探ししておりました。

あやめ  誰?

佐川   前にな。

お千代  貴方様の御蔭で無事に赤ん坊が元気を取り戻したんです。お医者様に見てもらうことも出来、もう大丈夫だと……本当に何とお礼を申し上げてよいか……

佐川   赤ん坊、家で一人寝かしておるのだろ。目覚めて母親がいないのでは可哀想だ、早く帰ってやれ。

お千代  はい。あの……あの時のもう一人の同心様にも、お伝えして頂けますか? ありがとうございますと。

   お千代、去る。

佐川   そこに居るなら出てこいよ。

あやめ  え!?

   徳丸。出て来る。

徳丸   ……。

佐川   いるなら、礼を直接受け取れよ。恥ずかしがってんのか?

徳丸   ……私は礼を受け取るようなことはしていない。あの女を見逃したのは貴方だ。

佐川   ……。

徳丸   ……私は、あなたの正義が正しいとは思わない。だけど否定もしない……私は、私の正義を貫ぬくのみ。

佐川   ……。

徳丸   ただ、本当の悪が何なのか……しかと見極めて行こうと思う。

あやめ  ……。

佐川   んなこと言われても、儂が言えることは頑張れってこと位だけどな。

徳丸   ……。

   徳丸、佐川に一礼してハケる。

佐川   ……。

あやめ  なに少し満足そうな顔してるの?

佐川   別に。

あやめ  ……こうやってあの子も騙していくんだ。

佐川   騙してなどいない、あいつが勝手に騙されて行くだけだろ。儂は己の正義を貫いているだけなのだから。

あやめ  ……あんたを正義って呼べるの?

佐川   お前にとっては悪党だよな。

あやめ  ……。

佐川   そうだろ……お前が人を殺した罪を握って、お前を使っているのだからな。

あやめ  ……。

佐川   これでも大事に扱っているのだぞ。お前が殺したくないと言うなら、殺しは頼まぬ。

あやめ  ……。

佐川   一度殺したのに、二度も三度も変わらぬのにな。

あやめ  アタシが殺したのはアンタの妹だよ、よくそんな風に言えるね。

佐川   儂の妹を殺してよくそんな風に言えるな。

あやめ  ……。

佐川   儂に罪を償うのが辛くなったら、いつでも言え。この手で妹の仇を取らせてもらう。それまでは、儂の為に働いてもらう。儂の正義の為にな。

あやめ  あんたロクな死に方しないよ。

佐川   知っておる、正義を全うする為に悪人になったのだ。悪人の最後は無様な物と決まっているからな。

   と、立ち去る。

あやめ  ……。

   あやめ、去る。 

第41回へつづく

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です