第3回_大江戸バッドガイズ千里行

2015年 大塚萬劇場
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
脚本/阿部 ぽてと

~~~第3回~~~

あやめ  旦那! 殺しは……同心の死体が上がったら旦那たちでも、誤魔化しきれないだろ?

吉兆   問題無い。

あやめ  !?

吉兆   金を盗んだのをこいつにすればいい。

一同   ?

吉兆   こいつは佐々木屋から金を盗み、儂等の説得に応じず斬りかかってきた。そして返り討ちに合い命を落とした……そういうことにすればよい。

徳丸   そんな嘘、誰が信じる!

吉兆   馬面一味を相手に大捕物している時、お前だけこやつ等を追って消えたからな……そのことは他の同心や捕り方達も知っている。

徳丸   ……。

吉兆   その事実があれば真実は簡単に書き替えられる、いかようにもな。どうする、徳丸?

   徳丸、吉兆に向かおうとするも佐川に刀を付けられる。

徳丸   !? ……殺せ、悪に成り下がる位なら死んだ方がマシだ。

吉兆   ……そうか。

   佐川、徳丸の首を切ろうと刀を上げていく。

あやめ  ちょ、やめてよ、殺しはしないって……殺しちまったらアタシ等……旦那!

   あやめの制止を無視し、構える佐川。

   徳丸も覚悟を決める。

   佐川が刀を振り下ろそうとした瞬間。

吉兆   だが、本当にいいのか? お前が悪事を働き命を落としたとなれば残された家族はどうなる?

徳丸   !?

吉兆   お前は良い家の出だったな? 家の名は地に落ち、お前の家族は世間から苛まれることになる……一番下の妹、まだ十にも満たぬそうではないか? 妹のこれからを思うと不憫でならんの。

徳丸   ……貴様!

   と、吉兆に襲い掛るが佐川に鳩尾を殴られる。

徳丸   ウグッ!?

いちか  殺しちまいなよ。筋書出来てるなら、それでいいだろ。

芝助   仲間にしたって、あんた等の上にいつチクるか分からねぇぞ。

吉兆   その心配はない。こいつが上に何を言おうと、若造一人と、儂等三人、どちらが真実と聞き入れられる? なんならお前達を証人に立てることだって出来る。

二郎   ……そこまで無理して仲間にする必要あるんすかね?

吉兆   幕府から奉行所に警戒を強めるようお達しがあった、この後は何かと動きづらくなる。仲間に同心が多いに越したことはない。悪事が出来ず金が入らないのは御免だからな、お前達もそうだろ?

いちか・芝助・二郎  ……。

吉兆   見逃せと言うのは聞かぬぞ。お前に残された道は二つに一つ、悪に下って生き延びるか……正義を貫きここで死ぬか。

徳丸   ……。

吉兆   大切な家族を不幸にしたくないのだろ?

徳丸   ……分かった……仲間に……してくれ。

吉兆   良い返事が聞けて何よりだ。

徳丸   ……。

芝助   納得いかねぇよ。コイツが入ったら、その分、俺達の分け前減るんだろ?  

いちか  それを勝手に決められちゃあね。そもそも、こうなったのも旦那たちのせいじ

ゃないか?

二郎   仲間にするのも旦那たちの失敗隠す為じゃ?

いちか  こりゃ取り分の見直しが必要だね。

吉兆   黙れ。

いちか・芝助・二郎  !?

吉兆   勘違いするなよ。儂は同心、お前等に縄を掛けるなどいつでも出来る。黙って儂の言うことに従っていろ。

いちか・芝助・二郎  ……。

あやめ  ……。

吉兆   お前も以後、儂に従え。よいな。

   徳丸、屈辱の表情で頷く。

吉兆   そんな顔をするな。お前にも分け前は渡す。金を手にすれば仲間になって良かったと、お前の気持ちも変わるさ。

徳丸   ……クソ!!!

   ブリッジ音楽。

   暗転。

第4回へつづく

次回公演

真田黙示録

2020年 8月19日(水)~23日(日)
シアターχ(東京・両国)
作 /江戸川崇(カラスカ)
演出/重住燎
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
詳細はこちら>>>

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です