第10回_大江戸バッドガイズ千里行

2015年 大塚萬劇場
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
脚本/阿部 ぽてと

~~~第10回~~~

【第七場】

   奉行所。

   小早川、長尾、平林がいる。

小早川  ……困ったものだ。

長尾   例の男の働きで、罪人が次から次へと運ばれて来ているようで。牢屋が溢れかえって収拾が尽きませぬ。

小早川  奴に負けじと悪党を捕えねばならぬのに、奴のせいで牢屋の整理に追われるとは……

平林   こんな時に、吉兆殿達は何をしているので御座いましょう?

小早川  ったく、使えぬ奴等だ。平林、罪が軽い者は追い返せ、とても全員牢屋に押し込められぬ。

平林   はっ。

   と、去って行く。

長尾   ……この江戸に、それだけ多くの罪人がいたということでしょうな……牢の拡大も視野に入れた方が良いのでは。

小早川  そんな金、上から下りると思うか? 牢が足りぬなら未然に防げと言われるだけだ。誰も無駄なことに金を使いたくないであろう。

長尾   ……。

小早川  下らぬことを言っている暇があったら、お主も罪人の選別に行け。

   と、去って行く。

長尾   ……は。

   と、去って行く。

第11回へつづく

次回公演

真田黙示録

2020年 8月19日(水)~23日(日)
シアターχ(東京・両国)
作 /江戸川崇(カラスカ)
演出/重住燎
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
詳細はこちら>>>

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です