第5回_大江戸バッドガイズ千里行

2015年 大塚萬劇場
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
脚本/阿部 ぽてと

~~~第5回~~~

平林   徳丸殿、油を売っておると出世の道が狭まりますぞ。

徳丸   出世?

   平林、徳丸にだけ聞かす体で。

平林   ただでさえ狭き道、この方達のようになりたくはないであろう。

徳丸   ……。

平林   拙者は競争相手が減るなら、それはそれで助かるがの……(佐川・長尾に)失礼致す。

   平林、去る。

徳丸   ……。

長尾   油を売るのも媚びを売るのも、褒められた物ではないがな。

佐川   全くだ。

   佐川・長尾、軽く笑う。

徳丸   あんな言い方されてよく笑えますね……悔しくないのですか?

長尾   あ……いや。

佐川   ……。

徳丸   長尾殿は、どうして同心になられたのです?

長尾   ? どうした急に?

徳丸   教えて下さい、貴方の同心としての目的を。

長尾   それは……江戸の平和を守る為に。

徳丸   その言葉に偽りは?

長尾   ない……つもりだが。

徳丸   奉行所に籠って書類を書き留めていれば平和を守れるのですか? 随分楽な守り方ですね。

長尾   ……。

徳丸   同心は民にとって正義でなくてはなりませぬ。出世に目が眩むなど……まして……

佐川   おい。

徳丸   ……。

長尾   ?

   徳丸、立ち去ろうとする。

佐川   どこへ行く?

徳丸   見回りです。いつまでも悪党を野放しにする訳には行きませんので。

   と、立ち去る。

長尾   ……楽な守り方か。

佐川   気にするな。

長尾   ……。

佐川   まだ何も分かっておらぬ若造だ。

   佐川、去ろうとする。

長尾   お主も見回りに?

佐川   いや、若造が一人で悪さをせぬようにな。

   と、立ち去る。

長尾   ……。

   暗転。

第6回へつづく

次回公演

真田黙示録

2020年 8月19日(水)~23日(日)
シアターχ(東京・両国)
作 /江戸川崇(カラスカ)
演出/重住燎
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
詳細はこちら>>>

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です