第4回_大江戸バッドガイズ千里行

2015年 大塚萬劇場
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
脚本/阿部 ぽてと

~~~第4回~~~

【第二場】

   季節は夏。セミの鳴き声。

   奉行所の一室。

   小早川伝、平林群治、長尾永真がいる。

   与力の小早川の下、会議を行っている。

長尾   繁盛店の店主が次々と殺される……今月に入って三件、年が明けてからは二十件を越えております。店主を失った店は、どこも畳んでおりますが……店主が襲われた際、金を奪われたことは一件もありません。

小早川  ……金目当てではないか。

平林   同一人物の手によるものでしょうか?

小早川  それすらも分からん。これだけの数を起こし捕まらんとなれば、手口を模倣する者も出て来るはず。

平林   なるほど、そこに気づくとは流石です小早川様!

長尾   ですが、その手口が全く分かりませぬ。模倣するにも、手口が分からなければ……手口どころか手がかりすら無い状況ですから。

小早川  ならば手がかりを見つけて来い! むざむざ死体の数だけ増やしおって……上の方達もお怒りだ、このままでは儂の評価が……

平林   評価でございますか?

小早川  民からの評価が下がったら色々困るだろ。今の江戸は悪人だらけ、儂等が手を焼いている間に、江戸の用心棒などという者が現れたそうではないか。

長尾   はっ。素性の分からぬ流れ者ですが、剣の腕は相当なモノ。町の悪党を片っ端から締め上げているようで、民の間で大層人気を集めております。

小早川  そんな訳の分からぬ奴に好き勝手させてよいのか? 江戸を守り、民の信頼を得るのは我等の役目……店主殺しは何としても我等の手で上げねば……

   徳丸・佐川がやって来る。

佐川   遅れ申した。

小早川  ? 吉兆と松本はどうした?

佐川   見回りでは?

平林   前もって会議があるとお達しがあったはずですが?

佐川   儂に言われてもな。

小早川  見回りと言い、どこかで油を売っているのではないだろうな。

徳丸   ……。

平林   徳丸殿、あまりあの方達と付き合わぬ方がよいぞ。

徳丸   え?

平林   最近随分と親しげではないか。

徳丸   ……そんなことは。

平林   我等まだ同心になって日も浅い。学ぶべき相手は見極めねば……我等には与力である小早川様がおるのだ、素晴らしき手本となるお方が目の前におるのだぞ。

徳丸   ……。

平林   これは!? ご本人を前にして、つい。

小早川  構わぬ。其方らは日が浅くとも江戸を守る同心、良き師から学ぼうというのは実に良き心がけ、励めよ。

平林   はっ! あり難きお言葉。

徳丸   ……。

小早川  兎に角、店主殺しの情報を集め他の悪事も防げ。これ以上、江戸の用心棒なる者に好き勝手やらせる訳にはいかぬ、我等の威厳が失われるからな。心して掛れ。

一同   はっ!

   小早川、去る。

第5回へつづく

次回公演

真田黙示録

2020年 8月19日(水)~23日(日)
シアターχ(東京・両国)
作 /江戸川崇(カラスカ)
演出/重住燎
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
詳細はこちら>>>

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です