第21回_大江戸バッドガイズ千里行

2015年 大塚萬劇場
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
脚本/阿部 ぽてと

~~~第21回~~~

   乗松屋。

   乗松が看板を拭いている。

   徳丸、小早川、平林がやって来る。

小早川  乗松。

乗松   あ……小早川様、ご苦労様です。

小早川  変わりはないか?

乗松   ええ……とくに。

小早川  そうかそうか、何事もないのも儂の御蔭かのう。

   芝助、乗松屋から出て来る。

芝助   旦那様、中の掃除終わりました。

徳丸   !?

芝助   ゲッ!?

乗松   どうした小芝?

徳丸   小芝?

平林   知ってる顔か?

徳丸   ……いや。

小早川  初めて見る顔だな?

乗松   へい、新しく雇ったのです。店主殺しを恐れて働き手が集まらない所に、働かせてくれと来てくれて。小さいですが良く働く男で助かっております。

芝助   ……へへっ。

徳丸   ……。

   と、芝助をジッと見る。

   その視線を嫌う芝助。

小早川  働き手を増やすとは、儲かっておる証拠か? これはアレの方も見直してもら

わねばのう。

乗松   ……へぇ。

   あやめ、出て来る。

あやめ  ただいま戻りました。

徳丸   !?

あやめ  !?

乗松   ご苦労だったね。

小早川  もう一人雇っておったか?

乗松   ……ええ。

平林   素敵だ。

一同   !?

平林   素敵過ぎる、看板娘を越える看板……大看板娘。

あやめ  大看板娘?

小早川  おい。

平林   は!? 失礼致した。

あやめ  ……旦那様お店に戻りますね。

乗松   頼みましたよ、ふじえさん。

徳丸   ふじえ?

あやめ  ……。

芝助   アッシも。

   あやめ、芝助、店に入る。

小早川  儂等もいつまでも立ち話じゃなんだ。そろそろアレを。

乗松   ……では中に……小早川様に、お伝えしなきゃいけないこともありますんで。

   と、小早川と共に店に入る。

平林   ? 徳丸殿、中に入らぬのか?

徳丸   見回りを続ける。

平林   せっかく小早川様がお主をお供に呼んで下さったのだぞ、媚びを売る絶好の機会ではないか。

徳丸   ……媚びなど売るつもりはない。

平林   ? まぁ、好きに致せ。小早川様のお供は私が、ふじえさんもおるしな。

徳丸   そのふじえさんに用心しておくんだな。

   と、徳丸ハケる。

平林   ……用心する前に惚れておる。

   と、店に入っていく。

   そこにやって来る佐川。

   徳丸の去った方と、乗松屋を伺う。

佐川   ……。

   村雨と音流がやって来る。

第22回へつづく

次回公演

真田黙示録

2020年 8月19日(水)~23日(日)
シアターχ(東京・両国)
作 /江戸川崇(カラスカ)
演出/重住燎
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
詳細はこちら>>>

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です