第15回_大江戸バッドガイズ千里行

2015年 大塚萬劇場
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
脚本/阿部 ぽてと

~~~第15回~~~

【第十場】

   道。

   乗松屋から逃げ帰る、お千代。

徳丸   待たれよ。

お千代  !? 何か?

徳丸   そなたのこと、以前にも見かけたことがある。様子がおかしかった故、直ぐに思い出した。

お千代  何のことで御座いましょう?

徳丸   懐にある物を見せよ。

お千代  !? ……何も御座いませぬが。

徳丸   とぼけるな。同心を前に盗み通せると思ったか?

お千代  ……。

   佐川、出て来る。

徳丸   見逃すわけには行かぬのでな。

   と、お千代の腕を取る。

お千代  お止め下さい!

   懐に入れ抱えていた着物が落ちる。

お千代  !?

徳丸   乗松屋から盗んだ物だな。

お千代  ……お許しください! お乳が出ず、生まれたばかりの赤ん坊に何も食べさせてやれぬのです。日に日に弱って、私が捕まればあの子は!

徳丸   言い訳なら後で聞く。

お千代  本当で御座います、お金が無く、こうするしか……どうか、どうか!

   と、跪いて頭を下げる。

徳丸   立て!

佐川   離してやれ。

お千代  !?

徳丸   何を言うのです!?

佐川   離してやれ。

   徳丸、渋々離す。

佐川   盗んだ物を金に代えようとしておるのだろ? 盗品は質屋に行けばバレるぞ。

お千代  ……。

佐川   高野橋を渡り川沿いにある質屋に行け、そこなら盗品も金に代えてくれる。

徳丸   佐川殿!?

お千代  ……。

佐川   行け。

   お千代、逃げる様にハケる。

   徳丸、追おうとするが、

佐川   追うな。

徳丸   !? どういうつもりですか。盗人を逃がすなど。

佐川   盗んだ物などたかが知れている、それで赤ん坊の命が救えるなら良いではないか。

徳丸   あんな言葉を信じたのですか? 盗人が言い逃れる為の嘘に決まっているでしょう。

佐川   嘘なら嘘で構わぬ。幼き命が失われることがないのだから。

徳丸   ……裏で悪事を働くだけでなく、表の同心もいい加減なのですね。

佐川   ……。

徳丸   貴方みたいな人が同心だから、誰彼構わず悪事を働くのでは?

佐川   ……。

徳丸   せめて悪党でも、同心の体裁は保って下さいよ。

佐川   それなりにやっているつもりだがな。

徳丸   ……貴方を手本にしていたかと思うと……自分が、情けなくなりますよ。

   と、去って行く。

佐川   ……。

  暗転

第16回へつづく

次回公演

真田黙示録

2020年 8月19日(水)~23日(日)
シアターχ(東京・両国)
作 /江戸川崇(カラスカ)
演出/重住燎
主催/THE☆JACABAL’S〈ザ☆ジャカバルズ〉
詳細はこちら>>>

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です